北海道田舎暮らし田舎物件(新築・中古・不動産・別荘)の情報サイト【田舎暮らし北海道】

田舎暮らし北海道

田舎暮らし北海道へのお問い合せはメールで承っております。

ユーザーの方はこちら
不動産の方はこちら

釧路・根室の地域情報

道東一の都市である釧路の街をどこか清涼な空気が流れているのは、その背後に巨大な釧路湿原を背負っているからだろうか。別寒別牛、霧多布、風蓮湖周辺の湿原と数珠つなぎに続き、一帯は釧路原野と呼ばれ遠くシベリアを連想させるような風景を造ってきた。日本本土最東端の町、根室には近年ロシアからのカニ船が多く入港し、北方領土を目前にしていまだに緊張感が漂う納沙布岬とともに様々な意味で国境の町に変わりつつある。このエリアは温泉もスキー場もなく、冬期は旅行客の姿もまばらだが、初夏からは一転して、いたるところに緑と花があふれ自然派ツーリスト達が多く訪れる。厚岸から霧多布までは美しい海岸線が連続し、内陸部は大規模農場による酪農地帯。日本有数の漁獲高を誇る釧路港をひかえ、新鮮な海産物を味わうことも勿論できる。

釧路湿原

全国で28番目に国立公園に指定された釧路湿原は、特別天然記念物タンチョウの生息地として知られる、日本最大の湿原。約 2000種の動植物が生息しており、釧路市湿原展望台、北斗展望台、細岡展望台などの展望台からは、広大な湿原を見渡すことができる。カヌーやホーストレッキングで湿原探索にチャレンジしてみるのもおすすめ。

◇詳しくはこちら
釧路湿原国立公園 http://city.hokkai.or.jp/~kkr946/

 


納沙布岬

根室から20kmあまり、延々と続いた牧草地の向こうに展望塔が見えてきたら、納沙布岬は近い。北緯43度22分、東経145度29分のこの地は、日本の最東にあたる。岬の北側にある望郷の岬公園内には北方領土館もあり。

◇詳しくはこちら
根室市庁観光ホームページ
http://www.nemuro.pref.hokkaido.jp/kanko/